大学 入学金 授業料 返還 返金 私大 高校 予備校 専門学校 幼稚園 学習塾 内容証明 少額訴訟
入学金授業料返還請求相談窓口


入学しないのに返還してくれない入学金や授業料。学校は一切返還しないと一点張り。
納得できない!と思う方は返金実績多数の香川行政書士事務所にご相談下さい。全国対応。
| ホーム | 特定商取引法に基づく表示 | 代表プロフィール | 香川行政書士事務所ブログ | 個人情報保護方針 | 相談フォーム | 相互リンク集 |
入学金・授業料返還請求相談窓口ホーム

入学金・授業料返還請求相談フォームはこちら

入学金・授業料をなぜ返還しないのか?

入学金・授業料の返還請求にはまず内容証明郵便を活用

入学金・授業料を返還請求する際の根拠となる法律条文

入学金・授業料の返還請求に少額訴訟などの法的手段を検討

英会話・パソコンスクール・学習塾に授業料返還請求する場合

相互リンク
 ├相互リンク集(お申込み手順)
 └かんたん相互リンク


特定商取引法に基づく表示

入学金授業料をなぜ返還しないのか?


入学金や授業料をなぜ返還しないのか?


答えは単純です。

せっかく受け取った利益をできれば放棄したくないのです。



過去、大学を筆頭にほとんどの学校では入学金も授業料さえも返還してきませんでした。

『一旦納入したお金は、如何なる場合(理由)においても返還致しません。』

といった不返還規約を明記した合格通知書などをあらかじめ交付しておき、

たとえ入学前に入学辞退したとしても、一旦納付した金銭については

入学金はもちろん授業料さえ返還しないのが当たり前、

消費者としては諦めるのが当たり前、

当時はそれが普通のことでした。
(※大学入学前の私の親もその状態でした。)



現在では、この最高裁判決を全く知らない大学は少ないと思われ、

最高裁判決に沿った返還請求なら、授業料等を返還してくれる

可能性は高くなってきたと言えます。

しかし、原則返還請求しなければ返してくれないのです。



大学側も返還請求してくれれば返そう、と考えているのです。

消費者の中にはこのことを知らない方々がまだまだたくさん

いらっしゃると思われ、せっかくの権利を放棄している状態に

あると思いますが、当HPをご覧の皆様はもう心配ありません。


入学金・授業料返還請求相談はこちらをclick!


| ホーム | 特定商取引法に基づく表示 | 代表プロフィール | 香川行政書士事務所ブログ | 個人情報保護方針 | 相談フォーム | 相互リンク集 |
|
サイトマップ |